院長のごあいさつ

画像の説明

山本クリニック院長の山本啓介です。

医師になってから約40年、泌尿器の専門医として医療に従事してきました。診察では、膀胱炎や過活動膀胱など、若い女性がかかりやすい病気の症状や治療方法について、丁寧な説明を心がけています。

当クリニックは、あべのハルカス22階のメディカルフロアに入居しています。大阪市営地下鉄天王寺駅に直結しており、大変交通の便がよい場所にあります。会社の行き帰りにもお気軽に来院していただくことができます。

また当クリニックは、女性の患者様が多く来院されることも特徴のひとつです。若い女性の中には、「泌尿器科は通いにくい」といったイメージを持たれている方が多くおられます。しかし治療も診断も恥ずかしいことをするわけではありません。

膀胱炎は1週間弱で通常治癒する病気です。また、過活動膀胱は服薬により症状を大きく改善させ、尿のことを忘れられる病気なのです。特別な勇気がいるわけではありません。治療という〝一歩〟を踏み出せば、現在お悩みの頻尿や尿漏れを解決することができるのです。

ぜひ当クリニックにご来院ください。スタッフ全員、笑顔でお待ちしております。

治療という〝一歩〟を踏み出せば、現在お悩みの頻尿や尿漏れを解決することができます。スタッフ全員、笑顔でお待ちしております。

山本クリニック

院長 山本啓介

(医学博士)

略歴


  • 1976年 大阪市立大学医学部卒
  • 1980年 大阪市立大学医学部 泌尿器科助手
  • 1984年 大阪市立大学医学部 泌尿器科講師
  • 1988年 伊丹市立病院 泌尿器科部長
  • 1993年 大阪市立大学医学部 泌尿器科助教授
  • 2001年 山本クリニック 開設

資格


  • 医学博士
  • 大阪市立大学大学院医学研究科・医学部非常勤講師
  • 日本泌尿器科学会専門医
  • 大阪泌尿器科臨床医会 常任幹事
  • 阿倍野区医師会 財務委員