過活動膀胱でお悩みの方

過活動膀胱でお悩みの方

過活動膀胱でお悩みの方

頻尿や失禁による日常生活への影響は深刻です。
過活動膀胱を乗り越えて海外旅行やコンサートへ心配することなく行ってみませんか?

過活動膀胱の症状


女性用トイレ

多目的トイレ

「おしっこの回数が多い(頻尿)」「おしっこをしたいと思ったら漏れそうで我慢できない(切迫感)」。このような症状を捉えて過活動膀胱と診断します。一般的には、排尿回数が1日8回以上かつ尿意切迫感が週1回以上と定義されています。

過活動膀胱の患者さんは、我慢ができずに漏らしてしまうこともあります(切迫性尿失禁)。50mlほどの少量の尿が貯まっただけで膀胱が過敏に反応し、急激に強い尿意が発生します。

このような症状は、細菌性膀胱炎、膀胱結石、膀胱がんなどでも起こりますが、これらは過活動膀胱とは診断されません。原因となる病気の治療により頻尿や切迫感は治すことが出来るからです。血尿が無いかどうか、尿に細菌や白血球が無いかどうかを調べる検尿が診断の入口となります。


過活動膀胱の治療


過活動膀胱の治療

ネオキシテープ

過活動膀胱は薬が良く効き病気です。抗コリン剤とβ3アドレナリン受容体遮断薬があります。口の中が渇いたり、便秘気味になったりする副作用が出る場合もありますが、十分な効果が期待できます。服薬した方からは、「尿のことが気にならなくなった」といった感想をよく聞きます。
口の中で崩れて飲みやすくなっている口腔内崩壊錠が用意されていますが、飲み薬が苦手な方にはネオキシテープという貼付薬もあります。

水分を制限したり、排尿する時間を決める行動療法も効果があります。ほかにも、おしっこをしたいと思っている時に我慢をすることで少しずつ我慢できる時間を延ばす「膀胱訓練」や、咳やくしゃみで尿が漏れる腹圧性尿失禁の患者さんに行う骨盤底筋群体操が過活動膀胱にも有効とされます。


過活動膀胱による日常生活への影響


待合室


過活動膀胱による日常生活への影響

過活動膀胱にかかると、外出すらしたくなくなります。「おしっこが我慢できない」という状況では、電車やバスなどの公共交通機関を利用することができなくなります。ましてや海外旅行などもってのほか…ということになります。

日本排尿機能学会の調査によると、2002年の時点で過活動膀胱に罹患している40歳以上の日本人の数は、810万人と推定されています。にもかかわらず、医療機関で受診している人は、このうち約2割しかいないことが調査結果として報告されています。

過活動膀胱の診断と治療は決して恥ずかしいものではなく、治療すれば早期に効果が表れます。過活動膀胱の悩みを解決すれば、日常生活は飛躍的に過ごしやすくなるでしょう。そしてあきらめていた海外旅行やコンサートにも行けるようになります。